FC2ブログ
--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
03/12/2012    息子への告白

2月の初旬、
息子と二人で外出した日、
将来あんなことをしたい、こんなことをしたい
なんて話をしていたら、
息子が
「でも父なら絶対反対するよね」と
ボソっと言ったので、

前から話そう話そうと思っていたけど、
なかなか話せなかったことを車の中で
思い切って告白した。


「あのね・・・
 母と父は、もうダメかもしれない・・・」

「・・・うん、そうだと思う」

冷静に受け止める息子。

とにかく、離婚のことを伝える時、
絶対に息子に言おうと思っていたことを
伝えた。

・母と父は他人になるけれど、
 あなたと父は親子なのだから、
 会いたいときはいつでも会えるし、
 連絡も自由にとってもいい。

・父との出会いがなければ、
 あなたは生まれてこなかったので、
 この結婚に後悔はない。

・あなたに責任は全くないのに、
 大人の都合で振り回してごめんね。

・母は、この離婚騒動で
 あなたに大人になれとか、
 大人の行動をしてほしいと
 無意識に要求してしまうかもしれない。
 でも、あなたはまだ子供なので
 わがままと思っても
 何でも全力で自分の要求を
 母に伝えてほしい。
 それが通るかどうかは別としてねw

・あなたがあなたのまま、そのままで、
 笑ってそばにいてくれるだけで、
 母は元気になれるから
 これからも一緒にいてほしいこと。

 
息子はウンウンとうなずき、色々と話してくれた。

・今の家に住み続けたいこと。
・おこづかいをなくしてもいいから、
 今の学校に通わせてほしいこと。
・とにかくこうやって母と話ができたので、
 こうなったら、もう早く離婚してほしい。


なんだか、ものすごく色々考えていたみたい。
家と学校のことは大丈夫だからと安心させたけど、
でも、不思議なことに理由を訊かない。
なので「理由が知りたかったら教えるけど、
聞きたくなかったら、またいずれの機会にでも」
と言ったら・・・

「知ってるかもしれない・・・」と息子は言った。

「でも・・・
 でも、言ってもいいのかな?・・・」と
すごくためらった。

「そんな毒みたいなものを溜め込んでいたら、
 ダメだよ、体に良くないよ。
 言えば楽になることもあるし、
 母は大丈夫だから、言ってみて?」と促すと、

「・・・父、誰かと付き合ってるでしょ?」
 
「えっぇ?! 知ってたの?」

「うん」

「なんで?いつ知ったの?」

「かなり最初のほうだと思う。
 父が携帯に迷惑メールがたくさんくるから
 削除してってボクに頼んできた。
 そしたら、女の人からメールが来てた。

 まったく、子供をなめるなよ!
 って言いたい(怒)」


なんてこと!知ってたの・・・?!

父にも言えず、ましてや母にも言えず、
それなのにがんばって・・・
がんばって普通に生活してたんだ。
思春期の難しい年頃にこんなことになって
暴れても、学校に行かなくなっても
不思議じゃないのに。


「あんたって、なんて強い子なの?

 ・・・いや!そうじゃないよね。

 そんなひどいことを知ったのに、
 父にも母にも言えなくて、
 どんなに苦しい思いをしたか。
 ごめんね、気づいてあげられなくて。
 もっとあんたを信じて
 もっと早く言えばよかったね。
 苦しかったね、辛かったね。 
 本当にごめんね。
 これからは、もっとあなたを信じて
 いろいろ相談するね。」

「そうだよ、もっと信用してよ!w」

「いや、信用してるんだよ。
 だからこうやってそのまま話したんだけど。
 
 でも、さすがに問題が問題だったから、
 子供に言ってもいいものかとか、
 タイミングとかもいろいろあって、
 母も悩んだのよ・・・」

いつもより慎重に運転しながら、
話して、泣いて、話して、笑って。

「とにかく!
 今までと違って、
 我慢してもらうこともでてくるだろうけど、
 あんた一人くらい
 この腕に軽くぶら下げて、
 母は強く生きていくから
 がんばって、おばあちゃんと3人
 一緒に暮らして行こうね。」

「うん。
 いろいろと大変だけど、がんばってね」

と息子に励まされて、
おうちに着きました。



魂にステージがあるのなら、

息子の魂は
親よりはるかに高いところにあると思います。


スポンサーサイト
02/15/2012    気づき
先日、息子と秋葉原に行った。
秋葉原の朝はとっても遅い。
ほしい物が売っているお店が
なかなか開店しなくて、
まだシャッターが開かない道を
あっち行ったり、こっち行ったり。
それでも息子は楽しそうだし、
私もそれで良しとしてた。

でもだんだん歩き疲れて
お腹も空いてきたので
私はお茶をしたかった。
息子は「えー?お茶はいやだなー」と言って
歩き回る。

私はイライラしてきた。
「こっち行っても、さっきと同じ道だし、
 ただ目的もなくうろうろするのはいやだ」と
イライラを息子にぶつけた。

息子は、「はいはい、怒んないw」と
ちょっとふざけぎみに言った。

ハッと気がついた。
私は息子が喜ぶ顔を見たくて
秋葉原に連れて行ったのに、
何をやっているんだろう・・・と。

私は息子に
「母は疲れたので、お茶をしたい。
 ここに入る」と宣言して
モスに入った。
息子は「じゃあ僕もポテト食べよ」と
にこやかについてくる。

おいしいコーヒーを
ちゃんとしたカップで飲んだとき、
「あぁ、おいしい。
 私はコーヒーを飲みたかったんだ」
とつくづく感じた。


自分を我慢しすぎて、
イライラを人にぶつけてはいけない。
ちゃんと自分の要求や感情を
ちゃんと自分で理解して、
相手にぶつけず、静かに伝える。

またひとつ、
息子に教えてもらいました。

02/06/2012    感謝
昨日、息子と2人で出かけた。
車の中でくだらない話とかいろいろしていたら、
将来の話になった。

息子は今、中学2年生。
口から生まれた?とか
しゃべるのやめると死んじゃう?(回遊魚w)
って思うくらい、小さい時からよくしゃべる。
思春期に入ったであろう今でも
よくしゃべってくれる。


「これから30代まで、20年あるんだよ。すごいでしょ?
70歳までは50年以上あるんだよ!」

(確かにすごいけど・・・そんな70歳までのことを
思い浮かべるあんたもすごいと思うぞ?)

私「あなたのこれからの20年は最強だね。
なんでもできるよ。
学校生活も仕事にも、とにかく後悔をしないように、
何事にも一生懸命やってね。
それが母の希望です。」

息子「とりあえず、最終的な目標は・・・
縁側でひなたぼっこしながら、お茶をすすること。

そうなるために、一生懸命仕事する。
その仕事をするために、
今、勉強しとけってことだよね。」

息子「仕事の内容はまだわかんないけど、
中間管理職になりたいな」

私「え?(中間管理職?なぜ?ww)
でも上から押さえられ、下から突き上げられて大変じゃない?」

息子「両方からの意見をちゃんとこなして、
仕事すればいいんでしょ?
そういう有能な社員になりたいな。楽しそうじゃん。
なに、話してんだろ、俺w」

私「そうだね。
どんな仕事でも、結局は人間関係だと思うから。
あなたがそういう風に
人間関係が苦にならないと言ってくれるのは、
母としてとてもうれしいし、頼もしいね。」



いやいやいや・・・
びっくりしました。
運転しながら、うるうるしてしまいました。

子供って、成長するんですねぇ。
ひとりの人間なんですね。

仕事をろくにせず、家のこともやらない
めんどくさがりの夫。
年中、うちにいてゲームばかりしている夫が
普通だと思われたら、どうしよう・・・
でも、「お父さんのようにならないで」なんて
言ってはいけないし・・・。
などと、ずーっと考えていましたが、
息子はどうやら父を反面教師としたようです。

本当にありがたいです。
この結婚に後悔しないでいられるのは、
この息子が生まれてくれたから。

ただただ、感謝です。


母も自分の足でしっかり立って、
あんたひとりくらいぶら下げたって
どうってことないのよ!
ってつもりで生きていきます。
がんばろー!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。