FC2ブログ
--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
05/28/2012    面会交流
「息子に会いたいので
 こちらに来るように言ってほしい」と
先日夫からメールで連絡があった。

まあ、私とは他人になるけど、
息子とは血のつながった親子なので、
息子が了承するならば、
会うのはかまわないというのが
私のスタンスです。


息子に訊いてみた。

母「父が、会いたいから来てほしいって言ってるよ」

息子「ご用件は何でしょうか?」

母「さあ?」

母「会いに行く?」

息子「遠慮したい・・・」

母「じゃあ、近くのショッピングモールとかで、
  時間限定で会うっていうのは?」

息子「今はまだ会いたくない・・・」

母「わかった。じゃあそういう風に返事しとくね」


そのままの内容を夫にメールした。
言いたいことがあったら伝えるので、
メールをくれるか、手紙を直接書けと返信した。


どうやら、夫は精神的に大打撃を受けたようだ。
当たり前だ。
息子が味方になってくれるとでも思ったのか?



そして返事のメールには・・・・
吐き気がしそうな、気持ちの悪い言葉が羅列してあった。
今さら、こんな言葉を言ってくるのか?というもの。
モラハラの教科書に載りそうな手紙だわ(ウンザリ


あんなことも、こんなことも、
りきゅうがこうだったから
自分はこんなことをしてしまった、という内容。
(全部、人のせい!)(怒)

取り返しのつかない、
とんでもないことをしてしまった。
でも今でも、りきゅうと息子を愛している。
だって。

げげげげげーーー(げんなり
気持ち悪いよおおおぉ(泣
出て行く直前の、
あの暴言の数々はなんだったの?
あんな事を言っておきながら、
こんな事が書けるんだ。
言い放った言葉はどこへ行ったの?

怖い・・・。
この二面性はなに?


でもね・・・一歩離れて冷静に見ると、

自分が息子や私にどんな仕打ちをしたか理解していたら、
自分ばっかり傷ついたなんて思えないはず。
こんな自己愛満載な言葉なんて書けないはず。


自分に都合の悪いことは、
すべて「忘れる」か「人のせい」



改めて認識したよ。
やっぱり夫は「人格障害なモラ夫」なんだ!



参加してみました。
にほんブログ村 家族ブログ DV・モラハラへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://rikyunezumi.blog.fc2.com/tb.php/58-ffdf3666
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。