FC2ブログ
--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
離婚準備「学資保険3」


大事なことを書いておかなきゃね。

離婚時の学資保険の扱いですが、
「財産分与」の対象になるそうです。
夫婦の共有財産。貯金と同じ扱い。

なので、離婚の話し合いの時に
・解約して返戻金を半分ずつ分ける。
・夫婦の共有財産ではなく、子どものためのものと
 お互いに納得できれば、財産分与に含めないことにして、
 契約者を親権者に変更して満期まで払い続ける。
・養育費の一部として、保険料を払ってもらう。
 (↑多分、これは危険)
いろいろな考えや方法があると思います。

解約するなり、払い続けるなり、
離婚の形はそれぞれなので、
最善の方法を見つけていただければと思います。


ただ!!
大事なのは「契約者が誰か」ということ。
主導権がどちらにあるかということ。
保険証書が手元にあるだけではだめなんです。
夫の名義のまま、妻が保険料を払い続けることは
夫にお金を渡しているのと同じです。


モラ夫を例に出すと、
自分LOVEなモラ夫は、離婚や別居となれば、
妻や子どもに余分なお金は一銭も出したくない。
使えるお金は全部自分で使う。
(だいぶ私情が入ってますが・・・苦笑)

「子どもの親権は渡さない」とか言いながら
養育費はおろか生活費でさえ渡さない人が
多いような気がします。

「財産分与で半分ください」と言って
素直に渡してくれる人がどれだけいるのか。
婚姻費用の請求でさえ、かなり大変ですよね?

仮に自分が親権者で契約者だったら、
「財産分与で半分くれ」と夫に言われたとき、
もちろん法律的には渡さなくてはいけないけど、
例えば「これは子どもの将来のためのもの。
    あなたも子どもの親ならば、
    子どもに良い父親だと思われたいよね?」
と心情的に訴えることもできると思います。
(私は法律の専門家ではないので、
 法律的にどうかはわかりませんが)

とにかく!
契約者は自分にしておいたほうがなにかと有利です!


心情的にこじれる前に、
夫を説得して契約者を変更するのが一番かと思います。
いろいろと大変ですが、がんばってくださいな。


自分と子どもの権利は自分で守るしかない。
私はそう思いました。





長いぞ・・・
でもまだ続くのさw
離婚準備「学資保険5」へ

参加しました。
にほんブログ村 家族ブログ DV・モラハラへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://rikyunezumi.blog.fc2.com/tb.php/62-396c272c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。